いいえ、成人矯正と小児矯正とでは治療方法や装置に違いがあります。

成長期を終えていない子どもの場合は、大人と比べて抜歯せずに治療ができる可能性が高いです。

下顎の成長を抑える取り外し可能な「チンキャップ」という装置や、正しい噛み合わせと歯列を整えるためのポジショナー。顎を広げるための「拡大装置」など様々な種類の装置があります。

ただし個人差があるため、大人と同様に「ブラケット」や「ワイヤー」を使用する事もあります。